遊澤亮プロフィール

遊澤亮(ゆざわりょう)
■遊澤 亮の実績
1996年〜1998年 全日本学生卓球選手権 男子シングルス 優勝(3連覇)
関東学生リーグ戦では32勝0敗(30勝はストレート勝ち)
1996年アトランタオリンピック・男子ダブルス出場
1998年 アジア競技大会 男子団体・混合ダブルス 銅メダル
2003年・2007年 全日本社会人卓球選手権 男子シングルス 優勝

チーム監督兼選手として
2006年 日本卓球リーグ前期大会 優勝
   全日本卓球選手権 団体の部 優勝
2007年 日本卓球リーグ前期大会 優勝
   日本卓球リーグ後期大会 優勝
   日本卓球リーグファイナル4 優勝
2008年 全日本実業団卓球選手権 優勝
   全日本卓球選手権 団体の部 優勝

遊澤亮が手がける「卓球」教材

1

遊澤 亮 驚異の卓球上達法

イメージ

ラケットやシューズも新品にしたし最新の高弾性裏ソフトラバーも貼った。 これで今よりも、もっとうまくなれるぞ!と意気込んで練習場に行ったものの、なぜか手応えを感じられない。 道具に身体が追いついてないからだ。と自分を誤魔化して続けるものの1ヶ月後もあまり変わっていない。 悩みに悩んでいると、ますますどうしたらいいか分からなくなって一緒に練習をしてくれている相手からも 「どうした?今日、なんか調子悪い?」と心配されてしまう始末・・・ こんな風に「なかなか卓球が上達しない」とあなたが悩むのは、実はめずらしいことではないのです。