山口正信(やまぐちまさのぶ)プロフィール


山口正信(やまぐちまさのぶ)
1951年生まれ。 タチウオ歴16年以上。 得意釣法は「引き釣り釣法」 元々はウキ釣りを10年以上こなしていたが、その頃から、 「いかに 数を釣れるか」そこを追求していた結果、行き着いたのが「引き釣り」 その後、「引き釣り」を6年している。 「引き釣り」の良さは、数が釣れるだけでなく、 「攻撃的」な釣り方ができる、そのことに魅せられ、 他の追随を許さない釣果を残している。 毎回釣り上げたタチウオの数が半端ではないことから、他のタチウオ釣りをしている人から羨望の眼差しをあびる。 8月頃から週に2〜3回、タチウオ釣りに通い、周りの釣果がなくとも、最低でも二ケタ以上は釣り上げる。 また、数だけでなく、サイズも12月には120cmクラスを釣り上げる。 後進の育成にも積極的で、以下にご紹介する加藤氏は、山口名人にも劣らない腕前の持ち主にまで 成長している。

山口正信が手がける「釣り」教材

1

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法

イメージ

プロでさえ、複雑な状況下で釣果を出せない場合もあるのに、 雑誌などで簡単に情報収集するだけで釣れるようになる訳がないのです。 ただ、このサイトをご覧のあなたは、これからは、何年もかけて研究をしたり、 紹介されていたから適当に釣ってみるという、無駄な時間を使う必要はありません。 現在、徐々に一部の方達がバンバン太刀魚を釣り上げるという経験をしています。 しかも、あなたと同じような場所で釣果を上げているのです。 中には、初心者だけど爆釣を体感している人もいらっしゃいます。