富川浩一プロフィール


富川浩一(とみかわこういち)
○銀座レカンに5年間勤務
○渡仏。2年間本場のフランス料理を学ぶ
○帰国。銀座レカンに復活
○横浜のレストランでシェフと勤務して5年間このころ、野菜料理をこころざし、マクロビオティック料理に目覚める ○栃木県益子町のオーガニックカフェ ジャムゥ ラウンジの立ち上げに参画
○クシガーデンデリ&カフェに勤務。シェフ・店長を務める。パトリシオ ガルシア デ パレデス氏に出会いさらに深くマクロビオテックを学ぶ。 (※彼は、「砂糖を使わないおいしいお菓子」の著者でもありますね。日本にマクロビを広めた尽力者の一人でもあり、彼の料理には定評があります) ○チャヤマクロビオティックス事業部立ち上げに参加。
○チャヤマクロビオティック自由が丘店店長・シェフを務める

富川浩一が手がける「マクロビ」教材

1

マクロビ教室 富川浩一のマクロビオティック料理教室

イメージ

本当のマクロビオティック料理は、性別や年齢に関係なく、おいしく楽しく、そして、元気になれる料理です。 マクロビオティックの料理も普通のお料理と同じように、作り方次第でおいしくもなりますし、もちろん、失敗してしまうこともあります。 これは、どのジャンルの料理でも共通することですね。 マクロビオティックだから美味しく出来ないということはありません。 それは、マクロビオティック料理のコツがまだ知られていないからなんですね。 ぜひ、料理のコツを身につけて、美味しいマクロビ料理を作れるように応援させていただきたいと思います。