スティーブン・ベラルディプロフィール

スティーブン・ベラルディ(Steven Berardi)
アリゾナ州立大学卒業。 TEFL(Teaching English as a Foreign Language)修了。 日本語検定1級 2005年に来日し、シャープ(株)、キャノン(株)にて通訳・翻訳に携わる。 大阪府堺市立英彰小学校、堺市立錦西小学校、堺市立大仙西小学校等、 複数の公的機関にて英語を指導するとともに、 語学学校、企業研修およびプライベートレッスンにて英語・英会話を指導。 日本の偏った英語教育に疑問を持ち、「話す」ための英語教育を展開。 「知識はあるのに話せない」日本人の特性に合った独自の指導法で 延べ数百人の日本人に英語を指導し、 「英語が話せる」日本人を多数輩出。 そのレッスンは口コミで話題となり、 2011年現在も受講希望者が後を絶たない。

スティーブン・ベラルディが手がける「英会話」教材

1

英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】

イメージ

「英会話スクール」とか「英会話教材」と名のつくものに取り組む人は多いですが、 本当に話せるようになるのはごく少数。 わざと話せないような勉強をしているのではないかと思うほどです。 ちまたで流行っている勉強法を見てみると、 ただCDを聞くだけとか、ひたすら音読しろ、だとか、 かたよった方法ばっかり。 もちろん、それだけを愚直にやっていればしゃべれると言うのなら、 そんなにラクなことはありません。 しかし、英語教育の資格を持つネイティブの目から見ても、 それで話せるはずがない・・・。 なぜなら、英語を話すのに大事な要素が欠けているからです。