坂上文隆が手がけるネット教材

1

結婚する前にしておく3つのこと

イメージ

結婚するのに勢いやタイミングといった思い切りはひとつの決め手にはなります。 でも、それだけで結婚を決めてしまっていいのでしょうか? もっと大事な、確信に近い何かが結婚にはあるのではないでしょうか? 結婚は一生に一度の大切なもの。 だからこそ結婚相手は慎重に選びたい。 結婚する前の当事者である以下に該当する方は特に、このまま読み進めていってください。 付き合って3年以上の方、 彼にプロポーズされた方、 彼のプロポーズを待っている方、 結婚について夜も眠れずに悩んでいる方。 これから僕の体験談と既婚者の友人に聞いたリアルな話を元にした、 結婚相手を見極める方法をお話します。

1

本当に好きな人がわかる方法

イメージ

つらい思いが続けば別れてしまったほうが楽だと思うかもしれません。 しかし、付き合っていれば修復することは可能です。 あなたは失恋の苦しみを知っていますか? それも本当に好きな人との失恋を経験したことはありますか? 別れてしまった以上、修復することはもはや不可能です。 本当に好きな人だからこその終わりのない苦しみがしばらく続くことになります。 別れるのはいつでもできることです。 別れるのは「本当に好きな人がわかる方法」を知った後でも遅くはないということです。

1

好きな人を忘れる方法〜失恋から立ち直る3つのこと

イメージ

好きな人に別れを告げられ、失恋してから8年間ずっと探し続けた、その答えは僕の目の前にありました!! 失恋したとき、やるべきことはひとつだけ。 その答えは誰もが知っています。 僕も失恋する前まではそう思っていた。 では、失恋したらなぜわからなくなってしまったのだろう。 失恋したらどうしてその答えと逆の方向へ進んでいってしまったのだろう。 実は失恋したらやるべきこととは、ほとんどの人が知らない。 この方法のことではないのか? 失恋を引きずって8年間、好きな人を忘れることができずにいたこの僕が、 たった30日で失恋から立ち直ることができた方法をこれから公開いたします。

1

むち打ち慰謝料示談交渉術〜私が後遺障害14級を獲得した3つの秘策

イメージ

交通事故で頚椎捻挫(いわゆるむち打ち症)と診断され治療期間10ヶ月を経て私は後遺障害を申請しました。 その結果、「後遺障害14級373万円」この後遺障害等級と損害賠償金を獲得しました。 ところが・・・もっと増額できる方法があったのです! 私はこれまで二度の交通事故に遭いました。 一度目は追突による頚椎捻挫(いわゆるむち打ち症)、二度目は接触による手間接損傷で両方とも被害者です。 頚椎捻挫の示談交渉はすでに終わり、損害賠償金はすでに示してある通りです。 そしてこのたび二度目の交通事故の示談交渉がようやく終わり、治療費を含めた全損害賠償金は1100万円を超えました。