真島泰人(まじまやすと)プロフィール

真島泰人(まじまやすと)
はじめまして。公認会計士の真島泰人と申します。 私は公認会計士として東京の事務所に勤める一方で、 自らの体験を活かし、公認会計士試験合格のためのノウハウ提供や、 短答式過去問題の分析等をコンテンツとしたメールマガジンを発行しています。 発行開始から1年が過ぎ、累計発行部数は2万部を達成ました。 今回ご紹介する講座は、メルマガ読者の希望者の方にだけ販売させていただいておりました。 その講座が驚くほどの反響があったのです。

真島泰人が手がける「公認会計士試験」教材

1

公認会計士試験 正解数5問アップの法則

イメージ

短答式試験の計算問題には、問題を全部解かなくても正解がわかってしまう“法則”があります。 このテクニックを使い、埋没問題と呼ばれる超難問でも正解を選ぶことができ、簡単な問題でもケアレスミスを防止することが可能となります。 実際に2008年では15問(81点分)、2009年では11問(62点分)の問題でこのテクニックが使用できました。 大手予備校が公表している正解率のデータを照らし合わせると、2年連続で30点前後の得点アップが期待できるテクニックであることが実証できています。