川口和久プロフィール

川口和久(かわぐちかずひさ)
18年間、広島カープと読売ジャイアンツでプロ選手として活躍。球威のある速球、そして落差の大きいカーブで奪三振の山を築く。(最多奪三振のタイトルを計3回獲得。)広島カープ時代は、「巨人キラー」として活躍。ジャイアンツとの公式戦で、30勝以上している投手の中で、勝ち越し実績を持つ数少ない投手(星野仙一、平松政次、川口和久)の中の1人。1980年代は、北別府学、大野豊らと共に広島『投手王国』の一翼を担い、1984年の広島カープ日本一に大きく貢献する。引退後は、テレビ(TBS、CSなど)やラジオで野球解説者やタレントとして活躍。また、後進の育成にも情熱を燃やし、現在では、元プロ野球選手10名が運営する、「MAXベールボールスクール」にて、ピッチングコーチとして少年投手の指導を担当。

川口和久が手がける「ピッチング」教材

1

川口和久の右脳的ピッチング術

イメージ

「ケガをさせずに、しっかりと上達させてあげたい。」 という思いで、これまで数多くの少年達に投球の指導をしてきました。 これまでの長い野球経験で手に入れてきた、「ピッチング上達の原理原則」を 子供でも実践できるように、思考錯誤してきました。 そして、その結果、私はある事に気づくようになったのです。 なぜ、4つのポイントが、お子様のピッチングを 劇的に変えてしまうのか? この、4つのポイントを正しい方法で指導すれば、殆どの少年がピッチングを今よりも上達来るのです。