垣内哲也、大塚光二プロフィール


垣内哲也(かきうちてつや)
和歌山県出身の元プロ野球選手で、 西武ライオンズと千葉ロッテマリーンズに所属。 ポジションは外野手。 1988年、プロ野球界初の分校出身者選手として、 西武にドラフト3位で捕手として指名され入団。 高い身体能力と長打力から 「清原和博二世」「和製大砲」と呼ばれる。 1996年に左翼手としてレギュラーに定着し 年間28本本塁打を記録。 (その年のホームラン王は32本を記録したオリックスブルーウェーブのトロイニール) 1999年からは3年連続で二桁本塁打を記録しスラッガーとしてチームに貢献。 2002年オフ、ロッテに移籍。 主に指名打者や代打の切り札として試合に出場。 現在はマスターリーグの「東京ドリームス」に所属。



大塚光二(おおつかこうじ)
高校に入るまで野球未経験という珍しい経歴を持つ。 その後東北福祉大学に進学、佐々木主浩らと共にプレー。 「東北福祉大学のキャプテン」と呼ばれ、 同学年の清原和博からも一目置かれる存在に。 西武ライオンズ黄金期に活躍。 日本シリーズにおいて、1988年は6打数連続安打のシリーズ新記録(当時)樹立。 日本シリーズ通算打率(50打席以上)では歴代1位。 2001年限りで引退、現在はテレビ朝日などで解説者・リポーターを務める。 現在、社会人野球チーム「一球幸魂倶楽部(いっきゅうさいたまくらぶ)」 の監督も務めている。 そのほか、中学校などでの講演活動など、 野球の普及・教育活動においても多方面で活躍中。

垣内哲也、大塚光二が手がける「バッティング」教材

1

7日間スラッガー養成プロジェクト

イメージ

7日間で飛距離がグングン伸びる「スラッガー養成プロジェクト」とは??
この手紙は、「ヒットを量産したい!」「飛距離を伸ばしてホームランを連発したい!」という方へ向けた手紙です。
野球が上達する人、しない人。いったいその違いはどこから来るのか??その答えはいたってシンプル。
これから公開する練習法を知っているか知らないかの違いです。ただ、ここで一つだけ約束してください。
しっかりと7日間続けていくこと。それさえ守っていただければ、最強のスラッガーになる事が出来るでしょう。