今中毅(いまなかたけし)プロフィール


今中毅(いまなかたけし)
1945年生まれ。  ハネ釣り歴30年。  釣インストラクター(マスター資格)。  大阪府釣り団体協議会 副会長。  泉州ハネ釣り研究会 会長。  大阪府岸和田を中心に大阪湾岸を釣り歩き、ハネ釣りの普及にも努める。  毎年、300名ほどが参加するハネ釣り大会を主催。  近年はボランティアにも積極的に参加して、釣りの楽しさを伝える。 はじめまして。 泉州ハネ釣り研究会 会長を務めております、今中 毅と申します。 私はこれまで30年以上のハネ釣り経験があり、ハネ釣り、エビ巻き釣り一筋でここまでやってきました。

今中毅が手がける「釣り」教材

1

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法

イメージ

ハネ釣りは、一度大きなハネやスズキを釣り上げると、 「こんな大物が釣れるんだ!」ということを肌で感じることができ、頻繁に通ってしまうと言われているほど、楽しい釣りです。 そして何と言っても、比較的身近な場所である防波堤で楽しめる釣りでもあります。 「難しい・釣れない」というイメージはここで捨ててしまって下さい。 「偶然に頼らず、自分の意図したシナリオ通りに釣り上げる」 ハネ釣りでこれができれば、もはや名人の域です。 あなたも毎回のようにアタリが来る釣法があるなら、知りたくないですか? 多くのハネ釣り師が知りたがるその釣法を、ハネ釣り歴30年の第一人者、今中毅が今、明かします。