原口證プロフィール


原口證(はらぐちあきら)
私は現在、学習コンサルタント、経営コンサルタントとして活動をしながら、記憶の方法を世の中に伝えるために、記憶術を教える活動をしています。 記憶の世界記録保持者としてマスコミに取り上げられたので、 もしかしたら、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。 これまでに書籍を出版し、世界記録を更新したのでマスコミにも取り上げられまして大量に記憶できる結果として世界記録保持者となりました。(ギネス記録申請中)

原口證が手がける「記憶術」教材

1

新・原口式記憶術

イメージ

このページはあなたに“記憶の真実”をお伝えするためにお話しをします。 現在の記憶法に挑戦状を叩きつける覚悟の上でお話をしますので、気持ちの 準備をしてください。 私はこれまで多くの人と関わり、受験や、資格取得で勉強をしている人が 間違った勉強法をして悩んでいることに気がついてしまったのです。 例えば、よくあるのが、 ■参考書を何度も何度も見直す。 ■単語帳を作り暗記する。 ■ひたすら解説や公式を丸写しする。 ■過去問題を徹底的にやり続ける。 ■キレイなノートを取って何度も読み上げる。 ■先生の言葉を一言一句もらさず書きとる。 ■一夜漬けで覚える。 このような勉強方法をしている人が多いのです。 これらの方法では時間がない人は合格できません。 ましてや、覚えることが多い難関の試験はさらに合格が難しくなってしまいます。

1

原口式 記憶術

イメージ

よく私は昔から記憶力が良かったと思われがちですが、 実はそんなことはまったくありません。 むしろ、公式や数式、元素記号や年表などを 暗記することはとても嫌いで、大の苦手でした。 そのため、中学、高校と暗記科目が増えるにつれ 勉強すること自体が次第に苦痛になり、 成績も上位どころか 平均点を維持するのがやっとという状態だったのです。 しかし、そんな私が、なぜ、いきなり円周率10万桁という、 とんでもない数の数字を完璧に暗記できるようになったのか? しかも、記憶力が大幅に低下すると言われている 還暦の60歳を過ぎてから・・・ その秘密は、実は、偶然にも発見した“記憶術”にあるのです。