萩原京二、近藤哲生プロフィール


萩原京二(はぎわらきょうじ)
平均年商500万円といわれる社労士業界にあって、顧問先を持たず、職員を雇わずに、たった1人で年商1億円を稼ぎ出すカリスマ社労士。 常に時代を先読みする予測力と、緻密なビジネスプロセス設計による独自の経営自動化ノウハウを持つ。 社労士業界における次世代リーダー育成のために、受験から独立開業までの指導・アドバイスも積極的に行っている。 著書に 『職場の法律知識を学ぶ!』(ディスカヴァー) 『退職金、黙っていてはもらえない!』(PHP研究所) 『マインドマップ実践勉強法』(アスコム) がある。




近藤哲生(こんどうてつお)
一級建築士の資格試験に9年間落ち続けるが、 一念発起しマインドマップを使い、翌年には見事に合格。 その衝撃的な経験から能力開発の使命に目覚め、社会人教育の分野に転身。 現在は、NLPとマインドマップを融合した独自の能力開発セミナーを企画・開催している。 マインドマップの講座は2000年から開催し、受講者は500人を超える。 2001年に最高資格であるNLPトレーナーの認定を受ける。

萩原京二、近藤哲生が手がける「マインドマップ」教材

1

マインドマップ資格試験勉強法7デイズパーフェクトマスタープログラム

イメージ

いまからお伝えするお話は、脳と学習の世界的権威、「トニーブザン」が開発した、 脳科学に裏付けされた脳を正しく使うための独特な思考ツール、 「マインドマップ」を活用した勉強法を7日間で完全にマスターする方法です。 もし、あなたが何らかの資格試験に合格したいと考えていて、 社会人であるためになかなか勉強時間がとれない、効率の良い勉強法を知りたい、 と思っているのでしたら、このページをしっかりと読み進めてみてください。 マインドマップを活用し、勉強時間の少ない社会人であっても資格試験に合格できる独特なマインドマップ勉強法を7日でマスターし、効率の良い勉強を実践する方法を今からお話します。