藤原初男プロフィール


藤原初男(ふじわらはつお)
元東海学園大学女子ソフトボール部監督
元東海学園高校女子ソフトボール部ピッチングコーチ
1951年宮崎県生まれ。日本体育大学卒業(体操・応援団)
卒業後、教員になり、ハンドボール・バレーボールの指導歴あり。
1979年一宮女子高等学校(現:修文女子高等学校)ソフトボール部の監督に就任。

初心者の指導には定評があり、藤原マジックといわれる。 香川インターハイ初出場をきっかけに全国大会連続出場。 国民体育大会準優勝2回、全国選抜大会3位2回、インターハイベスト16など。

2005年6月 東海学園大学女子ソフトボール部監督就任
2007年8月 西日本大学選手権大会初優勝
愛知県ソフトボール協会副理事長、東海地区大学ソフトボール連盟副会長等を歴任。
2010年6月17日永眠。

全国大学選手権大会優勝を目指していたが、志なかばで帰らぬ人となる。 癌に侵されていたが最期までグランドに立ち続け、ソフトボールをこよなく愛した人。 2006年ソフトボール上達練習法研究会発足以来、藤原氏の指導を受けたチームが全国優勝するなど、指導力には定評あり。特に投手指導に関しては、小学生から中高、一般選手まで親切丁寧でわかりやすい指導法で、藤原理論を実践する指導者・選手は全国にたくさんいる。 ソフトボールの底辺拡大・普及・発展に貢献。 ご遺族の協力のもと、今後は藤原理論DVD教材の収益の一部を「藤原初男ソフトボール基金」として、ソフトボールの普及に活用していく。

藤原初男が手がける「ソフトボール」教材

1

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ

イメージ


ソフトボールのピッチャー指導でお悩みの方はこのページを是非、最後まで熟読してください。 全国の指導者の皆さんからいただくメールの質問内容を見ていますと、「守備とバッティングは何とか指導しているけれど、どうしてもピッチャーだけは教えることができない」という声をたくさん伺います。 指導者自身が野球やソフトボールの経験があっても、ソフトボールのピッチャーを経験したことがある方以外はなかなか「ソフトボールのピッチング」は教えられるものではないというのが現状です。