遠藤彰弘プロフィール

遠藤彰弘(えんどうあきひろ)
1994年にJリーグ・横浜マリノスに入団。長きに渡りレギュラーとして活躍し、Jリーグ優勝の経験は5回。その中でも、2003年のJリーグ完全制覇をした時のレギュラーとしての活躍は有名。 「マイアミの奇跡」で知られる1996年アトランタオリンピックのU-23日本代表では、背番号10を背負った。 2001年にはフル代表候補に選出され、合宿に参加した経験がある。 実弟はガンバ大阪に所属している現日本代表の遠藤保仁。 選手時代はボランチをはじめ、中盤の複数のポジションをこなす事ができる選手。豊富な運動量で、スラロームドリブルが持ち味。ゲームのバランス感覚に優れ、中盤の軸となれる選手だった。

遠藤彰弘が手がける「サッカー」教材

1

【サッカー上達プログラム】俺センlab1st

イメージ

将来プロサッカー選手を目指している小学生、 将来プロサッカー選手を目指している小学生の親、 将来プロサッカー選手を目指している中学生、 将来プロサッカー選手を目指している中学生の親、 もし、あなたが上記のいずれかに当てはまったのであれば この手紙はきっとあなたのサッカー人生に大きな変化をもたらすでしょう。 なぜなら、このページに書いてある事は、これまで巷のサッカークラブやサッカースクールなどで行われている指導とはまったく違う 肉体的な過酷なトレーニングを一切行わず、 劇的にサッカーの実力を進化させる今までにはなかったサッカー上達法 だからです。