愛甲猛プロフィール


愛甲猛(あいこうたけし)

1962年8月15日生まれ 神奈川県出身

1978年現在、メジャーリーグで活躍する怪物松坂大輔投手の出身校でもある 野球の強豪校横浜高校へ入学 夏には1年生ながらもエースとして甲子園に出場
1980年4番、エースで甲子園に出場。荒木大輔(現ヤクルト投手コーチ)と決勝で争い全国制覇を成し遂げる 同年、ドラフトで1位指名でロッテに入団。落合博満(現中日ドラゴンズ監督)にも実力を買われ、落合の一番弟子として注目される。
1989年打率.303をマークし4番に抜擢。2年連続二塁打王を記録。ゴールデングラブ賞受賞。オールスターゲーム出場。
1991年オールスターゲーム出場
1992年535試合連続全イニング出場を記録。(パ・リーグ新記録樹立)
1993年1000試合出場を記録。
1994年6試合連続二塁打達成。
1996年中日ドラゴンズに移籍。現役20年通算1142安打、108本塁打、513打点をマーク。オールスターゲームにも2回出場

2000年惜しまれながらも引退、現在に至る

愛甲猛が手がける「バッティング」教材

1

あの愛甲猛が教える少年野球のバッティングを上達させる指導法

イメージ

これからお話する方法は、少年野球から中学野球で頑張っているお子さんを対象とした短期間にバッティング技術を劇的にアップさせることでチームで活躍できる選手になっていただく方法です。
中学生までのお子さんは、成長期でまだまだ伸びシロがあるために、教わったことをスポンジのごとく吸収していきます。
仮に、現時点で変な癖がついていてもこの時期の少年は、比較的簡単に矯正ができるのでヒットを量産できるまでにそれほど時間はかからないからです。