近くのものを凝視し続けることが近視につながる

近くのものを凝視し続ける
ことが近視につながる



なぜ、近くのものを凝視し続けることが、
近視につながるのか?


それは、眼は 近くのものにピントを合わせようとすると、
目の筋肉を収縮させる性質を持っているからです。

例えば、何時間も集中してゲームを続けたり、
テレビやパソコンの画面を長時間見続けたりすると、
筋肉が収縮して固くなります。

例えて言うのなら、肩コリに似ています。

この状態に陥ると、遠くのものに対する
眼のピント調節が困難になり、
さらに、慢性化して視力が低下していくのです。

要するに、近視とは遠くのものに
ピントが合わせられなくなる症状のことです。




もしあなたが…

お子様の視力の低下で
眼鏡はまだかわいそう…

とお悩みなら

トップアスリートも取り入れている
正しい視力回復トレーニング方法を公開いたします。



黒板の字がハッキリ見える視力回復法とは…





RSS