本読みのある授業の前の日は…

本読みのある
授業の前の日は…



どもる人は皆同じ気持ちになると思いますが、
私は小学校、中学校と本読みが大の苦手でした。


そのため本読みのある授業の前の日は、
夜遅くまで部屋へこもり人の何倍も読む練習をしていました。

よく、一人で練習するときはどもらないといいますが、
私の場合はなぜか意識しすぎるのかどもっていました。

一人で練習しているにも関わらず、どもっているわけですから、
当然あてられて読むときはひどいものです。


どもる度に周りの視線が気になり、
出来ることなら教室から逃げたい、


そんな気持ちになることはしょっちゅうでした。



もしあなたや、あなたのお子様が…
吃音で悩んでいるのなら、

この手紙を一期一句ゆっくりと読み進めてみてください。

つらかったどもりが改善され、
ストレスのない幸せな人生を歩んでいただけることと思います。



吃音・どもりを今こそ治すぞ!≫










※時間がない、あとでもう一度読みたいというあなたへ
あなたのメールBOXにURLを送信いたします。
時間があるときにじっくりお読みください。
E-Mail ※
(注:PCメールのみ対応しています。)
Add to Google RSS