喉の奥に何か…

喉の奥に何か…


私は物心がつき始め、
自分自身の異変に気づいたのです。

それは、最初の第一声がなかなか出てこないのです。

声が出ても、喉の奥に何かつっかえたものがあるように、
どもってうまく話せない、そんな自分に異変を感じたのです。



「おい、きちんと挨拶しないか」
「こ、こ、こ、こんにちは」

話したくてもうまく話せない、
そんな自分が嫌で仕方がありませんでした。


それは小学生、中学生になっても続きました。



もしあなたや、あなたのお子様が…
吃音で悩んでいるのなら、

この手紙を一期一句ゆっくりと読み進めてみてください。

つらかったどもりが改善され、
ストレスのない幸せな人生を歩んでいただけることと思います。



吃音・どもりを今こそ治すぞ!≫










※時間がない、あとでもう一度読みたいというあなたへ
あなたのメールBOXにURLを送信いたします。
時間があるときにじっくりお読みください。
E-Mail ※
(注:PCメールのみ対応しています。)
Add to Google RSS