ガンの栄養学ぐらい勉強しているのでは?

ガンの栄養学ぐらい
勉強しているのでは?



日本の栄養学というのは非常に遅れていて、
世界から取り残されていると言っても過言ではありません。


実際アメリカでは、ガン治療に食事療法を積極的に取り入れ
ガン死亡者数がどんどん減っているのに比べて、
日本はいまだに3大療法に頼り切った治療を行い、その結果、
ガン患者数・死亡者数は減るどころか増えているのが現状なのです。

「でも医者なんだからガンの栄養学ぐらい勉強しているのでは?」
と思われるかもしれませんが、残念ながらそれも間違いです。


既にアメリカの約130ある医学部では、
30時間の栄養学が必須科目となっています。

では日本の医学部では、
どれくらい栄養学を学んでいると思いますか?

なんとその答えは、0時間なのです。

実は日本では、カリキュラムに「栄養学」が無いのが普通なのです。

これだけ生活習慣病が多発して、
ガンと食事の関連が常識となりつつあるのに、
医者の卵たちは栄養学を全く学んでいないのです。



もしも、あなたが…

「どうにかしてガンから回復したい」
「ガンの恐怖から解放されたい」

と悩んでいらっしゃるのでしたら、
末期ガン患者をも救うガン食事療法の第一人者が
「ガン細胞がどんどん減っていく食事療法」を全てお伝えいたします。



ガンなんて弱いものです…≫





RSS