抗がん剤に発ガン性がある

抗がん剤に発ガン性がある


そして抗がん剤には、恐ろしい事実があります。
それは「抗がん剤」に発ガン性があるということです。


米国のガン研究の最高機関である
「アメリカ国立ガン研究所(NCI)」が、
1988年に「ガンの病因学」という
数千ページに及ぶ公式レポートで断定しています。


15万人の抗がん剤治療を受けた患者を調べたところ、
抗がん剤はガンに無力なだけでなく、
強い発ガン性で他の臓器などに
新たなガンを発生させる増がん剤でしかない。

1988年 アメリカ国立ガン研究所 公式レポート『ガンの病因学』

非常に恐ろしいことですが、これは事実なのです。

厚労省の担当官も「抗がん剤には発がん性があります」と認めていますし、
「それらは周知の事実です」と平然と言い放っています。



もしも、あなたが…

「どうにかしてガンから回復したい」
「ガンの恐怖から解放されたい」

と悩んでいらっしゃるのでしたら、
末期ガン患者をも救うガン食事療法の第一人者が
「ガン細胞がどんどん減っていく食事療法」を全てお伝えいたします。



ガンなんて弱いものです…≫





RSS