多くのガン専門医が…

多くのガン専門医が…


多くのガン専門医が次のように言い切ってます。

抗がん剤・・・私なら絶対やりません。ガン専門医が自分がガンになったとき拒絶するのも、患者に投与してきて『効かない』ということを知っているからでしょう。私なら代替療法を選びますね。」東京医科大学名誉教授 藤波譲二氏

「多くの患者に抗がん剤を投与してきたが、劇的に効いたという症例があまりない。医師なら抗がん剤がさほど効果のないことぐらいは知っている。患者には使うが、自分には投与されたくないと、みんなそう思っている。」住友記念病院理事長 内藤康弘氏

僕は抗がん剤は使わない。これは細胞を破壊するものだからね、まあ細胞毒ですね。暴れるガン細胞だけを攻撃できればいいが、他の健康な細胞も攻撃してしまう。」菊池養生園 名誉園長 武熊宣孝氏

「抗がん剤を投与されたがん患者は、たいてい"血栓多発"によるいろいろな臓器障害が起こっています。血小板ができなくなるというのは大変恐ろしいことです。(中略) とにかく、以上の理由から、ガン患者には抗がん剤、抗生剤、放射線など使ってはいけない」ガン代替医療専門病院勤務 宗像久男氏

「医者に、抗がん剤を使ってガンが治った人いますか?と聞いたらいいんです。僕の医者の経験の中で、抗がん剤で本当に治ったなぁ・・・というの一回も見たことない。」医療法人 山桃会 矢山利彦氏

『抗ガン剤で殺される−抗ガン剤の闇を撃つ』(船瀬俊介、花伝社)



もしも、あなたが…

「どうにかしてガンから回復したい」
「ガンの恐怖から解放されたい」

と悩んでいらっしゃるのでしたら、
末期ガン患者をも救うガン食事療法の第一人者が
「ガン細胞がどんどん減っていく食事療法」を全てお伝えいたします。



ガンなんて弱いものです…≫





RSS