これが治療か?

これが治療か?


「嘔吐、脱毛、放射線"火傷"、これが治療か?」

Sさん(57歳)は舌ガンに冒され、
切除手術の後に、抗がん剤治療を施された。

わずか3回の投与なのに髪の毛どころか、
眉毛まで抜け落ちてしまった。

そして
「苦しいですよ。吐き気が物凄くて、
胃液をはいても、まだ吐き気が止まらない」
とつぶやく。

しかし、どうしたことか抗がん剤が効くどころか、
首の反対側にガン腫瘍が急速に大きくなってきた。


今度は、放射線治療を行った。

首の周囲が、真っ赤に火傷をしたようだ。
放射線治療の"威力"に目を背けそうになった。

「口の中も、喉も火傷がひどくて、何も食べられない」
「食べ物の味が全くしない」とSさんは呟く。
原爆被爆などと同じ症状だ。

これが、ガン治療といえるのだろうか?
「だまされた・・・」Sさんの微かな声が耳元に聞こえた。



『抗ガン剤で殺される−抗ガン剤の闇を撃つ』
(船瀬俊介、花伝社)より引用




もしも、あなたが…

「どうにかしてガンから回復したい」
「ガンの恐怖から解放されたい」

と悩んでいらっしゃるのでしたら、
末期ガン患者をも救うガン食事療法の第一人者が
「ガン細胞がどんどん減っていく食事療法」を全てお伝えいたします。



ガンなんて弱いものです…≫





RSS