抗がん剤の副作用がどれほど苦しいか…

抗がん剤の副作用が
どれほど苦しいか…



あなたは抗がん剤の「副作用」が
どれほど苦しいかご存知ですか?


現在のガン治療では、手術でガンを完全除去できる場合を除いて
必ずと言っていいほど「抗がん剤」を用いた治療が行われます。

しかし、抗がん剤は非常に強力な劇薬です。

その強力な効果は、ガン細胞を殺すだけではなく
正常な細胞やリンパ球まで殺してしまうのです。


その結果、ほぼ100%の人が以下のような
強烈な副作用に苦しめられることになります。

投与日:アレルギー反応、吐き気、おう吐、血管痛、発熱、血圧低下
投与2〜7日:だるさ、食欲不振、吐き気、おう吐、下痢
投与1〜2週間:口内炎、下痢、食欲不振、胃もたれ、貧血、白血球減少、血小板減少
投与2〜4週間:脱毛、皮膚の角化、しみ、手足のしびれ、膀胱炎


その副作用の凄まじさは、
ガンそれ自体の症状よりも辛いほどです。



もしも、あなたが…

「どうにかしてガンから回復したい」
「ガンの恐怖から解放されたい」

と悩んでいらっしゃるのでしたら、
末期ガン患者をも救うガン食事療法の第一人者が
「ガン細胞がどんどん減っていく食事療法」を全てお伝えいたします。



ガンなんて弱いものです…≫





RSS