そもそも四声は本やCDでは体感できない

そもそも四声は
本やCDでは体感できない



ほとんどの中国語教材には
「中国語は四声と呼ばれるイントネーションが何よりも大切だ」
と書かれています。


確かに中国語を話すときも聞くときも
この四声の発音を身に付けていなければ会話が成り立ちません。

しかし、その勉強の仕方に問題があるのです。
そもそも四声は本では体感できるわけがありません。
付属のCDなんかもっと役に立たないといえるでしょう。


しかし・・・先生の喋っている発音と
同じように発音してみろと言われても
中国語を聞き取れない人間に
どうやって同じ発音しろというのでしょうか?

先生が喋っているイントネーションと同じように喋れと言われても
「不可能」と言ってもいいでしょう。

もはやスタートの時点から矛盾が発生しています。



もしも、あなたが…

単語や文法を読み書きして覚える
CDなどで発音やリスニングの練習をくり返す
語学教室などでネイティブの先生と直に話す

こんな勉強方法で中国語会話を身に付けようとするなら

中国語を話せるようになるのは
最低でも5年以上先の話です。



中国語マスターはもっと簡単に…≫





RSS