具合が悪くなった時に使う中国語

具合が悪くなった時に
使う中国語



急に具合が悪くなったときなどに使える
応用できる中国語


言葉の通じない国に行って一番怖いことはケガや病気です。
自分の体に何か異変が起きたときにすぐさま
体の不調を訴えられなければ生命の危機にさらされます。

ですので、日常生活でいつでも不調を第三者に伝えられるように

「プシューフ(気分が悪い)」
などの言葉を覚えるようにしていきます。

また具体的に体のどこが痛いのか伝えなければならないので

「トウ(あたま)」「ショウ(手)」「ヤオ(腰)」

など部位の言葉も応用して伝えられるようにしていきます。





もしも、あなたが…

単語や文法を読み書きして覚える
CDなどで発音やリスニングの練習をくり返す
語学教室などでネイティブの先生と直に話す

こんな勉強方法で中国語会話を身に付けようとするなら

中国語を話せるようになるのは
最低でも5年以上先の話です。



中国語マスターはもっと簡単に…≫





RSS